鳥取県弁護士協同組合について

理事長からのご挨拶

当協同組合は、平成16年に組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員の経済活動の促進及び経済的地位の向上を目的に設立されました。
現在の組合員数は、70名の個人及び5つの法人です。
全国の他組合に比べると、遅れて設立された小規模の組合ですが、今後は他の先進的な組合を見習って積極的に組合事業を進めたいと思っています。

鳥取県弁護士協同組合 理事長 西村 正男

組合の特色

小さいながらも、事業として、裁判所及び検察庁の記録の謄写、書籍の斡旋販売、松葉ガニの販売、保釈保証書発行事業の取次を主に行っています。
このうち、記録の謄写の事業は、県内の裁判所及び検察庁の本庁(鳥取)及び全支部(米子、倉吉)を安価でカバーしており、利用者のお役に立てているものと自負しています。
また、松葉ガニは鳥取県の誇る名産でありますところ、全国の他組合の組合員からの購入もかなりあり、ありがたく思っています。

加入数など

(令和4年5月19日現在)

個人 法人
協同組合員数 70名 5法人
弁護士会会員数 70名 7法人
加入率 100% 71%

加入方法

現在のところ、個人の弁護士会員の組合加入率は100%です。鳥取県弁護士会に入会される方には組合加入について懇切丁寧にご説明致します。

お役立ち情報

謄写について

謄写事業の詳細(利用料金等)は次のとおりです。

県内裁判所及び検察庁6カ所(鳥取・倉吉・米子)にコピー機を設置し、各所での謄写に対応しています。(2018年11月よりカラーコピー可能となりました。)

料金の支払いは、裁判所では自販機(コンビニのコピー機)と同様方法で行えますが、検察庁はICカードが必要となります。
利用料金は、白黒1枚20円・カラー1枚40円となります。

代行謄写も行っておりまして、その場合の組合員料金は、白黒1枚70円・カラー1枚90円で、組合員以外の方は白黒1枚80円・カラー1枚100円となります。合わせて、送料も負担していただきます。
また、倉吉のみ、謄写人の旅費日当6,000円の負担もお願いしています。

基本情報

お問い合わせ
TEL : 0857-22-3912 FAX : 0857-22-3920
アクセス
〒680-0011 鳥取市東町2-221
鳥取駅から徒歩30分、バス10分