和歌山弁護士協同組合について

理事長からのご挨拶

和歌山弁護士協同組合は、昭和57年3月に設立されました。
当時の和歌山弁護士会の事務局は和歌山地方裁判所(和歌山市二番丁1番地所在)内にあり、当組合の事務も同所で行っていました。平成8年3月に待望の和歌山弁護士会館が完成し、それからは同会館の一室を賃貸してここに当組合の事務所を設けています。
当組合設立当時の組合員数は、和歌山弁護士会の会員数と同数の42人程度でしたが、それ以後も和歌山弁護士会の会員全員が当組合に加入するという方針のもと、会員数は増加し、令和4年5月31日時点では、個人会員147人、法人会員6の、全体153となりました。
和歌山市だけでなく、和歌山県下の橋本市、御坊市、田辺市及び新宮市で事務所を営んでいる弁護士全員が組合員となり、和歌山弁護士会とは表裏一体の関係にあります。

当組合の活動としては、和歌山地家裁本庁・和歌山簡裁それに和歌山地方検察庁本庁での謄写事業が中心ですが、裁判所によるコインベンダー式コピー機導入やデジタル機器による記録謄写等により、謄写事業による売上は年々減少してきているため、厳しい採算状況が続いています。

その他の当組合の活動としては、書籍販売の斡旋、クレジットカード等の取扱斡旋、健康診断の斡旋、全弁協の保釈保証書発行事業の取次、それに中元期や歳暮期に全弁協を通して「梅干し」や「みかん・桃」の物品販売も行っています。また、今後も組合員のために新たな活動を行い、組合員の福利厚生にも貢献したいと考えております。

和歌山弁護士協同組合 理事長 冨山 信彦

組合の特色

和歌山弁護士会の会員全員(個人・法人とも)が当組合に加入しているため、組合員のためだけでなく、弁護士会会員のための事業を行うことが可能となっています。(弁護士会館完成前には当組合が会議室を借りて弁護士会の委員会等で使ってもらったり、会館完成後は、近隣地を借りて会員の駐車場に提供したりということがあります。)

加入数など

(令和4年5月末日現在)

個人 法人
協同組合員数 147名 6法人
弁護士会会員数 147名 6法人
加入率 100% 100%

加入方法

組合加入申込書に必要事項をご記入頂き、署名押印の上、出資金(法人・個人とも1口1万円)を添えて当組合事務局に申し込んでください。年会費等の負担は一切ありません。
また、届出内容の変更や組合を脱退する場合にも当組合事務局への届出が必要となりますので、よろしくお願い致します。

お役立ち情報

謄写について

和歌山弁護士会協同組合では、和歌山地家裁・簡裁及び検察庁での記録の謄写事業を行っています。
組合員以外の方からの記録謄写の依頼も受け付けていますのでご利用下さい。
なお、謄写料は別紙「謄写料一覧表」の通りです。
当組合が行っている記録の謄写は、和歌山県の本庁管内の事件に限られています。
御坊・田辺・新宮各支部及び橋本・妙寺管内での記録の謄写は行っていません。これらの支部等での記録の謄写に関しては、直接、裁判所あるいは検察庁にお問い合わせください。

謄写料一覧表(和歌山弁護士協同組合)

物品販売の斡旋

和歌山県の特産品である「梅干し」等については、中元期と歳暮期に全弁協を通じて贈答品等の販売の斡旋をさせて頂いております。是非ご利用下さい。

基本情報

お問い合わせ
TEL : 073-432-0986 FAX : 073-488-7624
※組合の職員2名は主に謄写事業に従事しているため、留守の場合もありますので、その場合にはFAXやメモ等でご連絡をお願いします。
アクセス
〒640-8144 和歌山市四番丁5 和歌山弁護士会館内
当組合の事務局は、和歌山弁護士会館内の2階にあります。
和歌山弁護士会館は和歌山地方・家庭裁判所の東側(和歌山城とは反対側)約120mにあります。
最寄のバス停は「和歌山城前」です。「和歌山城前」までは、南海の和歌山市駅、JR和歌山駅のいずれからもバスで約8分です。